74年前の今日

以前ハワイを訪れた際、日系のタクシードライバーに乗り合わせた。
空港までの約30分間、ドライバーと色んな会話を交わした。
私がパールハーバーにあるアリゾナ記念館のことを持ち出すと、
彼は米国の若者に対する次のような嘆きを話してくれた。
 
最近の若者の中には、真珠湾攻撃は中国が行ったと思っているヤツもいて、
そういう彼らがアリゾナ記念館を初めて見学すると、
「あのおとなしい日本人が・・・」と、
あらためて、日本が行った攻撃だったと知って驚く若者が多いとか。
 
最近の中国の台頭が米国に政治・経済だけでなく、軍事的な部分までをも脅威と
思わせているということが、勘違いの原因として考えられるらしいのだが、
それとは別に、悲しいかな、米国があまりにも多くの戦争に加わって来たことで、
真珠湾攻撃などはワンオブゼムに過ぎないのかも知れないとも言っていた。
 
さすがに真珠湾を中国が攻撃したと思っている日本人がいるとは思えないが、
開戦日がいつか?と聞かれると、正確に答えられない人は結構いるかもしれない。
 
今年は戦後70年の節目の年だ。
そして、74年前の今日が、日本に戦後というものを作ってしまった始まりの日だ。
 
hawaii.jpg