オーストラリアのワーキングホリデーが35歳まで可能に!

1980年から始まり、現在年間約1万人の日本人が利用しているオーストラリアへのワーキングホリデー制度ですが、2017年1月から現在18歳~30歳までに認められている年齢制限が、35歳まで引き上げられることになりました。 
また、これまでは同一雇用主のもとで6か月以上の就労は認められていませんでしたが、同一の雇用主でも、就労場所が異なれば最大12ヶ月間就労可能となります。
これまで以上に有効活用しやすくなったオーストラリアのワーキングホリデー制度、しっかりと渡航計画を立て「一生に一度のチャンス」を充実させましょう。

プロフィール

オーストラリア専門の旅行会社が運営する予約・情報サイト「オーストラリアツアー.jp」の新着ニュースです!

Presented by australiatour

株式会社ワールドホリデーズ
京都府知事登録旅行業第3-605