シドニー現地情報

Easter Show.jpg

シドニー・ロイヤル・イースターショー (Sydney Royal Easter Show) は、イースターの時期に2週間かけて開催される、シドニーの収穫祭を兼ねた豊かで多様な文化を讃えるオーストラリア最大のイベントです。taurusariespigchick

シドニーイースターショーは、2018年3月23日 (金) ~4月3日 (火) の期間に、シドニー・オリンピックパーク (Sydney Olympic Park) 内のシドニー・ショーグラウンド (Sydney Showground) で開催されますので、この時期にシドニーを旅行される方は、ご参加してみてはいかがでしょうか。event

シドニーイースターショーのチケットは、こちらからお買い求めいただけます。happy01

シーライフシドニー(シドニー水族館)に、昨年11月オープンしたばかりの新アトラクション「ペンギン・エクスペディション」。6℃という亜南極圏を再現した中を8名乗りのゴムボートに乗って、鮮やかなオレンジ色のくちばしを持つ愛くるしいジェンツー・ペンギン、最大種のコウテイ・ペンギンらを地上&水面下で観察することができ、ペンギンの習性についても学べます。
また、うれしいことに入場料にこの新アトラクション料金も含まれています。シドニーお越しの際は是非お立ち寄りください。

シーライフシドニー(シドニー水族館)の入場券はこちら pisces

ビビッド・シドニー・ライトクルーズは、シドニーで毎年開催される芸術のイベント「ビビッド・シドニー」の期間中に催行されるキャプテンクッククルーズ催行のシドニー湾ナイト観光クルーズです。

ビビッド・シドニーは、毎年恒例のユニークな光、音楽、アイディアの祭典で、ライトアップされた彫刻の数々が並ぶ屋外「ギャラリー」、最新の現代音楽のプログラム、世界で最も重要なクリエイティブ産業フォーラム、そしてもちろん、シドニー・オペラハウスのセイルの壮大なイルミネーションやシドニー・ハーバーブリッジの壮大な電飾などが展開されます。

ビビッド・シドニー・ライトクルーズは、2017年5月26日(金曜日)から6月17日(土曜日)まで催行されます。ship

ぜひ、ご参加ください !

シドニーの大晦日恒例のシドニーハーバー花火大会は、夕方18:00からプレショーが開始され、21:00と24:00の2回に渡りシドニーハーバーブリッジやシドニーハーバー、シドニーシティなどで壮大な花火が打ち上げられます。
 
18:00 Pre-show entertainment 
マット・ホールによる航空ショーが行われます。
 
20:38 Welcome to Country 
シドニー湾にユーカリのスモークが焚かれ、ハーバーブリッジのパイロンに映像が映し出されます。
 
21:00 Family fireworks display 
ハーバーブリッジと、その他4ヶ所の艀から約8分間、花火が打ち上げられます。
 
21:15 Harbour of Light Parade 
花火が終了した後、シドニー湾をライトアップされた多くの船がパレードします。
 
00:00 Fireworks display 
いよいよカウントダウン花火の打ち上げです。皆さんのカウントダウンとともに、新年を迎えた瞬間から花火が打ちあがります。ハーバーブリッジの迫力ある花火とともに、7か所の艀から、約12分間、花火が打ち上げられます。
毎年シドニーの冬の到来と共に開催される南半球のビッグイベント「ビビッド・シドニー」が今年もシドニーの街をワンダーランドに変貌させます。今年の開催は5月27日(金)~6月18日(土)で、毎年世界中から多くの観光客が訪れる人気のイベントです。
昨年の来場者数が170万人と大きく増加した結果をふまえ、今年は5日間開催期間が延長されることになりました。
世界のトップ・デザイナーとアーティストが、オペラハウスだけでなく、歴史的建造物やシドニーハーバーの船などを色鮮やかにライトアップし、街のあちこちで幻想的な雰囲気が醸し出されます。また、国内外のアーティストが音楽ライブなどを行うほか、講演会やワークショップなども行われます。

SmartGate.jpg

オーストラリアの国際空港では、自動出入国管理システム「SmartGate」を試験導入しています。airplane
 
オーストラリアの国際空港では現在、自動出入国管理システム「SmartGate(スマートゲート)」が試験導入されています。このシステムを利用すると、オーストラリア到着時に係員のいる窓口ではなく、機械で自動的に入国審査が受けられます。現在は、日本を含む一部国籍のIC旅券を保有する16歳以上の方がが対象となっています。
 
▼  使用方法は以下の通りです。
one 空港到着時、入国審査場にあるスマートゲートの機械にパスポートの顔写真ページをスキャンし、画面に表示される3つの質問に答える。
two 機械から発行されたチケットを、ゲート近くの顔認証システムの機械に挿入し、正面のカメラを見る。顔認証が確認されれば、チケットが戻り手荷物受取所へのゲートが開きます。検疫審査は手荷物受取後となりますので、チケットと入国カードはその際にご提出ください。
 
機械がうまく作動しない場合は、空港職員もしくはスマートゲートアシスタンスデスクにお申し出ください。オーストラリア出国時も同様にスマートゲートをご利用いただけます。
 
なお、スマートゲートを使用した場合、出入国の際にスタンプは押印されませんのでご注意ください。
シドニーマラソン、今年は9月20日(日)に開催されます。
シドニーマラソンは、南半球最大のマラソン大会です。昨年も日本から500人がエントリーするなど、日本でも人気のマラソン大会の一つとなりました。今年は5連休とも重なり、チャレンジするいい機会かもしれません。
 
■シドニーマラソン 2015
・開催日:2015年9月20日(日) 
・受付締切り日:2015年8月31日(月) ※シドニーマラソン日本事務局への申し込み
・種目:フルマラソン(公認)、ハーフマラソン(公認)、ブリッジラン(9km)、ファミリーファンラン(3.5km)
 
「シドニーマラソン 2015」日本語サイトはこちら
ゲイとレズビアンによる世界最大規模の文化フェスティバル、「シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディ・グラ」。今年は2月7日(金)~3月2日(日)に開催予定です。
 
このイベントのハイライトは3月1日(土)に行われるパレードで、華やかな衣装の人々や装飾車がシドニー市内のオックスフォード・ストリートを鮮やかに彩ります。もちろん、見学は無料です。
また、期間中は、カラフルな下着やアートグッズの販売などを行うフェアデイや、フィルム・フェスティバル、音楽、演劇、国際的なエンターテイナーによるパフォーマンスなど、シドニー市内中心部の多くの会場でイベントが開催されます。
シドニー・フェスティバル2013が1月5日から始まりました!(~1月27日)
 
毎年1月に行われるシドニー・フェスティバルは、オーストラリア最大規模の文化・芸術祭で、国内の文化フェスティバルの中では最も多い観客動員数を誇ります。
オーストラリア国内はもとより海外からも500人以上のアーティストが集まり、ダンス、演劇、音楽、視覚芸術、クロス・メディア、フォーラムなど80ほどのイベントが3週間にわたって繰り広げられます。
シドニー市内全域のさまざまな劇場が会場に充てられ、フェスティバルに参加する主な会場としては、シドニー・シアター、キャリッジワークス、シティ・リサイタル・ホール、シドニー・オペラハウスなどです。
 
もちろんシドニー・フェスティバルは、有料の劇場イベントばかりでなく、ロング・ランを続けるドメイン・フェスティバルなど質の高い無料野外イベントがいくつも開かれ、特にサマー・サウンズやシンフォニー・コンサートは毎年10万人の市民がドメイン会場を埋める一大イベントになっています。また、オープニング・イベントとして行われる「Festival First Night」では、市内の通りや町並みがそのままフリー・ステージに変身します。
 
ぜひこの機会にシドニーを訪れてみてはいかがでしょうか?
お気に入りのアーティストにシドニーで会えるかも?!
 
 
シドニー近郊の最大の観光地で世界遺産に登録されているブルーマウンテンのアイコンとして親しまれているシーニックワールド。そのアトラクションの一つ、シーニックレイルウェイが2013年1月13日を持ちまして改修工事のために運休となります。
 
長い長い歴史を持つシーニックレールウェイは、各国のロープウェイを手がけていることで有名なスイスのガラヴェンタ社の技術援助を得てアップグレードされ、新シーニックレイルウェイとして2013年3月末に生まれ変わる予定です。
世界で最も急勾配を行くこのシーニックレイルウェイは、もちろん改修後も世界一を守り続けますのでご安心ください。
また、ケーブルウェイとスカイウェイは平常通り運行しておりますので、ブルーマウンテン谷底でのウォーキングも今まで通りお楽しみいただけます。
 
今後シーニックワールドに関する新しいニュースが入りましたら、新着ニュースでお知らせします。
 
scenic_world.jpg

プロフィール

オーストラリア専門の旅行会社が運営する予約・情報サイト「オーストラリアツアー.jp」の新着ニュースです!

Presented by australiatour

株式会社ワールドホリデーズ
京都府知事登録旅行業第3-605