2015年2月アーカイブ

Fresh Water_1.jpeg
 
週末、まずは息子が楽しみにしていたキュランダ列車に手を振り、大興奮。
列車を見送ったあとは、カフェへ移動。
 
この日はワッフルと紅茶、エッグ・ベネディクトとコーヒーを注文し、いよいよ客車内へ。
息子は列車に乗った気分でさらにテンションup!!
食べ物が来るまでの間も、息子は走らぬ客車窓を開けて、外を通る見知らぬ人に
手を振りサービスをし続ける始末。
 
Fresh Water_4.jpeg
 
ワッフルはカリカリにたっぷりメイプルシロップがかかり、
エッグ・ベネディクトはまさにパーフェクトといえる半熟具合で、満喫しました。
 
朝食をいただき終わった頃に駅構内のアナウンスがあり、次の列車が到着。
もちろん息子にせがまれ、二度目の列車見送り…。
 
このカフェは一年位前にオープンしたとの事で地元の人でさえ
知らない方も多い知る人ぞ知る素敵なカフェでした。
 
Fresh Water_2.jpeg
 
キュランダへ行かれる方は、ぜひ途中下車してカフェへお立ち寄りください。
キュランダ列車は朝2本、午後2本、フレッシュウォーター駅を通ります。
朝は8:50と9:50に、帰りは15:30と17:00にフレッシュウォーターに停まります。
ケアンズからフレッシュウォーターまで列車で来て、客車カフェで朝食を食べ、
後発の列車でキュランダに行くのがお勧めですね。
またキュランダからの帰りに立ち寄ってお茶をするのもよし。
 
鉄道利用者にはホテル⇔フレッシュウォーター駅までのシャトルバスも運行しています。
ホテルからバスでカフェへ移動し、フレッシュウォーターから列車に乗って
キュランダへ行かれても良いでしょう。シャトルバスの時間設定に特別な配慮が必要です。
こちらの行程で予約される時には一言、相談しましょう。
 
また、キュランダ観光とは別にのんびり朝ごはんを食べに訪れるのもオススメです!!
駅の横にはキュランダ鉄道の創設当時の写真や展示品があるミュージアムがあります。
 
この場合、市内からカフェへのアクセスはタクシーはもちろん、
市内の公共バスサンバスに乗って、フレッシュウォーター駅下車、
またはキュランダ鉄道でケアンズ⇔フレッシュウォーター駅($9)を利用されるのも良いでしょう。
※ただし列車は一日に2本ずつしか運行がないので、片道はタクシーまたは公共バス利用となります。
 
さて話はカフェから離れますが、キュランダ鉄道の歴史は19世紀に始まっており、
創設当時の話や数々の災害による復旧工事についての話など、興味深い話が数多くあります。
日本語で詳しい話を聞いたいという方はぜひ、ガイド付きキュランダツアーに参加してみてください。
 
 
100951-636.m.jpg
 
注意※
ツアー参加の方、ケアンズ~キュランダ間を通してご乗車の方は
フレッシュウォーター駅にて途中下車しミュージアムを散策する時間やカフェを利用するために
下車する時間はありませんので、ご注意ください。停車後、約5分ほどで出発となります。
列車の途中下車を希望の方は、2区間に分けての予約が必要です。
 
★以下は、自由にキュランダ観光ができるオプショナルツアーです。 train
Fresh Water_3.jpeg
 
今日はケアンズにあるちょっと素敵なカフェのお話です。
 
子育てが始まってからは、カフェで朝食やお茶をすることが少なくなっていましたが、
先日、別の用事で立ち寄ったキュランダ鉄道のフレッシュウォーター駅で
偶然にも素敵なカフェに出会いました。
 
カフェ話題に入る前に、キュランダ列車を知らない方のために豆知識。
 
キュランダ村はケアンズを訪れる観光客なら誰でも知ってるケアンズの観光スポット。
 
キュランダ鉄道はキュランダ観光のメインと言っても過言でない?!キュランダ村へのアクセスの一つです。
また日本人なら多くの方がどこかでチラッとでも見たことのある可愛らしいレトロなトロッコ列車です。
なぜならテレビ番組、「世界の車窓から」のオープニングを10年間も務めたのが
このキュランダ鉄道なんです。どーです??すごいでしょ!!
 
すごいのはもちろんそれだけではありません。
そのキュランダ鉄道の車窓からは熱帯雨林、ケアンズ市内、
迫力のあるバロン滝の絶景、そしてグレートバリアリーフまでもが見えてしまいます。
 
ケアンズにいらっしゃる時にはぜひご乗車ください。
さてさて、気になるカフェの話を先にすすめましょう!!
 
このカフェはケアンズからキュランダまでの途中駅である、
フレッシュウォーター駅に併設されており、キュランダ列車の客車がカフェの一部になっています。
空いていれば客車内にも座る事が出来ます。
木製の壁に赤い皮の客席…まさにレトロないい雰囲気。
ひとテーブルずつのブースになっているのも、高ポイント!!
 
この日は、2歳半になったトーマスファンの息子に列車をみせてあげようと思い立ち、
駅への到着時間を調べるために立ち寄っただけだったので、
週末に家族で列車を見るのを目的に朝食を兼ねて出直しました。
 
Kuranda Raillway (7).jpg