ケアンズ在住・裕美ママの豪州教育レポート④ ~プレスクール編~

久しぶりにケアンズブログ更新です。

前回は長男の学校入学について書かせていただきましたが、続報です。

一月終わりから始まった、プレップと呼ばれるプレスクール。
小学校に併設された就学準備学年です。
我が家の長男も毎日、なんとか遅刻せずに元気に通っています。

8:45にクラスがあき、各自の荷物を片付け、自分の席でパズルや課題をして待ちます。
その間は見送りで親が部屋にいたり、先生と話をしたり…55分のベルで課題を片付け出席確認。
それからいよいよ勉強に入るのですが…。

こちらの子どもたちには教科書というものがありません。
クラス担任が選んだ教材のコピーや歌や画像で学びます。
そのため背負っていくカバンには宿題や提出物が入る事がありますが、基本的にはお弁当のみとなります。

こちらでお弁当と言うのは、モーニングティーとランチの二回分。
別容器に分けている子もいればお弁当箱を開けて選んで食べる子もいます。

サンドイッチやサラダ、フルーツ、調理パン、チーズ、野菜スティックなどを持って来る事が多いようなのですが、
それに加え果汁パックジュース、クッキー、ポテトチップス、グミやチョコレートなどを持ってくる子もいます。
チョコレートミルク、スポーツドリンクを持ってくる子も…
日本で育った私には思いもよらないお弁当事情に戸惑いつつも、
なるべくお菓子boxにならないようにランチ作りをしています。

そしてこちらでは日本のように見た目、可愛いさや色合いはあまり重視されてないようなので
ついつい手を抜いてしまうこともあります。

日本のおかずいっぱいのお弁当や幼稚園などで流行っているデコ弁などをみたらビックリ仰天、
クラスママの注目間違いなしです。

kids.jpg
★我が家のキッズ
左からセナ(5歳) マヤ(2歳) ケイシー(3歳半)